借換えローンを学ぼう

本当に借換えローンをする必要はある?

不景気の世の中、少しでも多く老後のために貯金しておきたいですよね。
そんな方にお勧めなのが、借換えローンです。
借換えローンをして、現在組んでいる住宅ローンよりも少しでも金利が低い金融機関に換えることで、総返済額を減らすことができ、大きな額がプラスになることもあります。

 

借換えローンをしている人は増えている?

 

借換えローンをしている人はどんどん増えてきています。
平成16年には、約4万件しか借換えローンをする人がいなかったのですが、平成21年には約16万件というように、住宅ローンを利用する人が急激に増えているという計算になります。
借換えローンをすることで、これまで以上に総返済額が少なくなるということや、毎月の返済が楽になるということを感じているからこそ、その仕組みを利用する人が多いのです。

 

借換えローンをする理由

 

借換えローンをするには、色々理由があります。
その中でも一番多いのは、金利が低いところに借換えできるからという理由で、約63%の人がそう答えています。
実際、借換えローンをして総返済額が1万円でも少なくなると嬉しいですよね。
中には、借換えローンをすることによって総返済額が数百万円も少なくなったケースもありますので、将来の自分のために役立つ方法でもあります。
それから、金利が低くなることに次いで多いのが、毎月の返済額が少なくなるからという理由です。
毎月の返済額が少なくなるという理由の人は、約54%なので、過半数の人がそう思っているからです。
思っていたよりも毎月の返済が辛くなった、毎月の生活がままならなくなったというケースは多く、借換えローンをすることで、毎月の返済額を減らし、安定した生活が送れるようになった方もいます。
また、約9%の人の理由なのですが、今後金利が上昇しないのか、返済額が増えてしまわないか不安になったからと答えています。
確かに、日本全体の景気が悪くなってしまったことから、金利が上昇したために、最初に予定していた総返済額や毎月の返済額が増えてしまうこともあります。

 

借り換えが出来るサイトの紹介

借り換えローン|1番低金利なローンを紹介します 借り換えの出来る業者のまとめサイト
オリックス銀行 借り換えに対応している大手の銀行。金利も安めです。

 

半分以上が変動金利に借換えしている!?

 

実は、借換えローンをしている方の半分以上が変動金利にしています。
変動金利は金利が動いてしまって、結局高金利になってしまうのではないかと思っているかもしれませんが、実際は数年ほとんど動かないこともあります。
固定金利にすると、現在の金利よりも少し高くなる分、変動金利と比べるとスタート地点では、変動金利のほうが低金利になるという訳です。
そのため、ほとんど動かないこともある変動金利に変えているのです。
全期間固定金利の人は、再度全期間固定金利にする人の割合が約24%、変動金利にする人は約42%。
そして、変動金利の人は全期間固定金利にする人の割合が約8%、変動金利にする人が約72%というデータもあります。
これらを踏まえた上で、借換えローンはどうするのか考え、自分で決断するには情報が乏しい場合には、ファイナンシャルプランナーなどのお金のプロに相談してみることをお勧めします。